FANDOM


Clara
テンプレート:Colour
配偶者: エメット・ブラウン
家族: ジュール
ベルヌ
性別: 女性
俳優: メアリー・スティーンバージェン
声優: 吉田理保子(ソフト版)
池田昌子(テレビ朝日版)
藤田淑子(日本テレビ版)
  

クララ・クレイトン (Clara Clayton)

人物 編集

1880年代の教師。

幼少の頃にジフテリアにかかったせいで隔離され、そこで父からもらった望遠鏡で毎日空をのぞいて星に興味を持つようになる。

1885年にヒルバレーへ転任した際、馬車で家へ向う途中で蛇と遭遇し驚いた馬によって谷底へ落ちて死亡する(そしてその峡谷の名が彼女の姓名になる)はずだったが、タイムスリップの下見に来ていたドクに救出され、恋に落ちる。

マーティが来る前の過去ではヒルバレー駅に着いた際、市長から頼まれ迎えに来たドクと出会っていた。)

ジュール・ベルヌの愛読者であり、同じ趣味を持つドクと恋に落ちるも、未来へ帰らねばならないドクから告げられた真実を自分を振るためのでまかせと思いこむ。しかし、ヒルバレーを離れようと乗り込んだ蒸気機関車で居合わせたセールスマンからドクのあまりの落胆ぶりを聞き、その後ドクの研究室に向かって真実に気づきドクを追いかける。

ドクと結婚し、ジュールベルヌという二人の子供をもうける。

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はクララ・クレイトンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki