Wikia

フューチャーペディア

ビフ・タネン

トーク0
53 件の記事が
このウィキにあります
100px
テンプレート:Colour
俳優: トーマス・F・ウィルソン
声優: 谷口節
玄田哲章
島香裕
斎藤志郎
  


ビフ・タネン(Biff Tannen)

人物 編集

ヒルバレーに住む不良でジョージロレインとは高校時代の同級生。全編の悪役で、高校時代から町や学校で暴虐を働き、1985年には平然と飲酒運転をして借り物のジョージの車で事故を起こした上にジョージをなじるなどしているが、マーティの介入でかわった1985年ではジョージとロレイン曰く「彼の存在も恋に落ちるきっかけ」のようである。

1955年では手下を三人引き連れ、46年製フォードを乗り回している。

ロレインに気があり力ずくで自分のものにしようとしているが、一部(後述)の時代を除きすべてロレインはジョージの妻になっているためあきらめている。一方でロレインの親族に対しては「ロレインによろしく」と述べて立ち去るのがお約束となっている。

マーティの介入で変わった1985年では自動車会社を経営、ジョージに頭が上がらず表面上すっかり丸くなってしまっている。

PART2の2015年では老人として登場し、すっかりグリフにこき使われてしまっている。その後ドクとマーティの話を盗み聞きしてタイムマシンを盗んで1955年の自分にスポーツ年鑑を手渡し富豪となることを目論み、結果1985年を改変してしまい、ビフはアメリカ一の富豪としてヒルバレーを牛耳り、ジョージを射殺、ロレインと結婚し豊胸させるなど暴虐の限りを尽くしていた。

だがビフが歴史を変えてしまったことを知ったマーティとドクが1955年のビフの手から年鑑を取り戻し処分したことで1985年は元に戻り、再び愛想のいいビフとしてPART3のラストに登場した。

口癖は「Butthead.」、「Why don't you make like a tree and get outta here?」である。頭が悪いため、後者は用法を間違っている。本来は樹のように葉を出す(=leave=消え失せろ)という意味で「Make like a tree and leave.」と使うべきところをget outta hereを使っている。PART2で若いビフはビフ老人から間違いを指摘された。

ちなみにビフを初めとするタネン一族はPART1、PART2、PART3でそれぞれ肥やしまみれになるという災難に遭っている(ビフは二回肥やしまみれになっている)。

またタネン一族とマクフライ一族は各世代(1885年のビュフォードシェイマス、1955年のビフとジョージ、2015年のグリフマーティJr.)で絡むことが多いが、マーティの代(つまり1985年時点)ではビフの子供と絡むどころか登場すらしていない(後述のグリフが生まれていることからビフの子供は存在しているだろうがシリーズを通してまったく触れられていない)。

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はビフ・タネンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ